ニキビができやすい食べ物

スキンケア

できる原因としては、色々とありますが、まずは、食生活があるでしょう。ここではニキビになりやすい食べ物をご紹介していきます。これらの食材はなるべく控えるようにしていきましょう。

炭水化物

お米やパン、麺類やジャガイモなどが体表的な食べ物。分解される糖分が油分に変り、皮脂脂肪の材料に代わるため食べ過ぎると皮脂の分泌が多くなります。過剰な摂取は控えるようにしましょう。

甘い食べ物

ケーキやチョコレートといった糖分が多い食べ物。炭水化物と同じ原因で過剰な摂取というのは控えるようにしましょう。

油分の多い食べ物

油分の多い揚げ物や牛、豚、鶏、ナッツ類やスナック菓子など。揚げ物や牛肉や豚肉は、皮脂の分泌を増加させるのでニキビを気にするのであれば魚などの魚介類を食べる事をオススメします。魚は、血液をサラサラするのでにきび予防に最適になりますよ。は油分を多く含むので食べすぎには注意しましょう。

辛い食べ物

辛い物は胃を刺激したり、内臓の負担になってしまいます。血行を促進することはにきびを悪化させる原因にもなります。

海草類

意外と知られていませんが、海草に含まれるミネラルがニキビを悪化させる原因になります。ヨウ素は皮脂腺から体外に排出されるためにニキビを作る原因になりますので過剰な摂取は控えるようにしましょう。

飲酒

特に成人になってからニキビに悩む人は過剰な飲酒が原因が多いです。お酒は糖分を多く含み皮脂代謝を促進させてしまいます。夜遅くまで飲酒すると内臓負担も大きくなり、生活習慣も乱れてしまいます。適度な飲酒を心がけることをおススメします。

普段から、脂分の多い食事をしているだけで、やはり体内には脂肪が吸収、蓄積されてきます。これは白ニキビの原因になってきますので、野菜類を中心とした食生活に切り替えていくことが大事でしょう。

白ニキビを治すために生活習慣の改善

白ニキビを改善するためには生活習慣の改善も大切になってきます。以下の生活習慣の改善をしていきましょう。

食生活

毎日食べるものに気を付けましょう。特に糖分や油分は控え、野菜中心の食生活にすることで皮脂の分泌量を軽減していきましょう。

十分な睡眠をとる

不規則な睡眠は、お肌のターンオーバーが乱れます。そのことによって角質がふさがれニキビの原因にもなります。お肌の健康を保つためにも。ゴールデンタイムである夜10時から2時に寝ることをおススメします。それは無理という方は午前0時までには就寝するようにしましょう。

姿勢

姿勢が悪いと内臓が圧迫され胃下垂や内蔵機能障害、血行障害になる恐れもあります。内臓にトラブルがあるとお肌にも影響います。特に口の周りのニキビ、吹き出物として現れます。日頃から意識をして良い姿勢を保つように心がけましょう。

ストレスの発散

ストレスは、にきびを悪化させる原因になります。メカニズムは解明されていませんが深く関わりがあるといわれています。ニキビをつくらないためにも日ごろからストレスをためないようにストレス発散しておきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました