ニキビを潰して大丈夫?潰す出てくる白い液ってなに?

スキンケア

ニキビってできると気になりますよね。ついつい触って潰してしまうってことはあなたもよくあるはず…そんなときに出る白い液ってなんだろう?その正体をご紹介します。

一般的に、白ニキビと言われているニキビは比較的初期段階のニキビです。ニキビの出来はじめであり、毛穴のつまりによって毛穴が盛り上がり、プチっとした小さな膨らみとなって現れます。この段階では炎症は起きていないため、痛みや腫れ、赤みはありません。しかし、この状態のままケアをせずに放置すると内部で炎症を起こし、赤ニキビ(内部深くて炎症していて、腫れが強い)や黄色ニキビ(表面に膿みが溜まったもの)へと発展していきます。

白ニキビは、毛穴表面に汚れや角栓などで蓋をしてしまい発生します。内部には主に皮脂や角質などが詰まっており、これらに付着している雑菌が元で炎症を起こすと、赤ニキビなどに発展します。ケアとしてはあまり良い方法ではないのですが、引っ掻いたり絞ったりすると出てくる白い塊りは、ほとんどが詰まっていた皮脂です。まれに表面が少し黒ずんでいる白ニキビがありますが、その場合は角栓の表面が酸化して黒く硬くなったもので、同じものです。

白い液体の正体とは

液体が出てくる場合もありますが、この液体は毛穴がガッチリと蓋をされている状態のため、内部に溜まった汗などの水分であったり、少し炎症し始めた状態であれば膿みの可能性もあります。

ついつい気になって毛穴を絞ってしまいがちですが、毛穴を絞るということは、そこに穴が空くということになり、余計に雑菌や汚れなどが入りニキビを増やす、または悪化させる原因となるので、できるだけ控えましょう。毛穴表面の角栓などが取れる寸前であれば、ピンセットなどで肌に傷を付けないように抜くことも問題はありませんが、無理やり絞ると跡が残る可能性もあるのでオススメできません。

ニキビのケア方法

ケアとしては、まずはお風呂にしっかりと浸かり、表面の皮脂や角栓が溶け出す、もしくは柔らかくすることで自然に輩出させるのが1番です。また、洗顔もゴシゴシとやると皮膚表面が硬くなり逆効果ですので、しっかりとキメ細かく泡立てた洗顔料で、優しく洗顔するだ
けでも毛穴の汚れや皮脂は洗い流すことができます。

しっかりとした入浴法や洗顔の方法を知るだけで、大幅に改善できるので、弄って悪化させる前にしっかりと正しい方法を身につけましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました