ニキビ度チェック

スキンケア

ニキビに関しましては大きく3つの種類に分けられております。それぞれによって特徴などが異なり、適切な治療法もそれぞれ違うと言われております。各種類の具体的な特徴に関しましては例として下記のようになります。

白ニキビ、黒ニキビ
皮脂やホルモンの分泌によってできるといった特徴があります。白ニキビ、黒ニキビは思春期によく見られるタイプだと言われており、特に黒ニキビは皮脂が毛穴に詰まってしまった状態であるとされております。またそのほかにも美容クリームの塗り過ぎや、洗顔時に強く肌をこすってしまうことが原因でできてしまう可能性もあるとのことです。
赤ニキビ
皮脂が詰まってしまった結果、毛穴が炎症を起こしてしまった状態のことを言います。アクネ菌と呼ばれる細菌が急激に増えることで赤ニキビとして症状が出るとのことです。また、炎症による痛みを感じといった点を特徴としております。跡が残ってしまう可能性も高いため、この状態で潰してしまうことは一般的におすすめされておりません。
黄ニキビ
赤ニキビが悪化した際に見られるとのことです。炎症が進み、毛穴が膿を持ってしまった状態を黄ニキビと言います。

白色ニキビは黒色ニキビや赤色ニキビと異なり、初期段階のニキビなので、正しい処置をすれば必ず改善をすることができます。この白ニキビを治したいのであれば黒ニキビや赤ニキビなど取り返しがつかない状態になる前にしっかしとケアをしていきましょう。

ニキビができやすい部位

ニキビができやすい部位に関しましては、一般的に「Tゾーン」などがあげられます。

「Tゾーン」は顔のなかでも皮脂の分泌の多い部分にあたります。そのため、洗顔などのケアをきちんとしていてもすぐにテカリが気になってしまうといった声が多数存在しています。年齢を問わず皮脂によってニキビの原因となりやすいことは広く知られていますが、皮脂の分泌の多い部分には思春期のニキビが、少ない部分には大人ニキビができやすいといった特徴があるとのことです。

皮脂の分泌の多い部分について

思春期に見られるニキビの大半は、Tゾーンなどの比較的皮脂が多く存在する場所にできやすいと言われています。身体が急速に成長するこの時期はホルモンバランスも乱れやすくなっており、通常よりも皮脂が多く分泌される原因となります。

皮脂の分泌の少ない部分について

大人ニキビに関しましては、顔全体のなかでも比較的皮脂が少ない部分にできやすいと言われています。乾燥などを原因として、主に口の周辺やアゴ部分、フェイスラインといったいわゆる「Uゾーン」が対象となり、大人ニキビはストレスに反応しやすく、男性ホルモンが活性化することも一因であると言われています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました