年齢とともにできるほうれい線の主な原因

同じ年でも若々しく見える人と老けて見える人がいます。元々の肌質もありますが、老化の原因は生活習慣が深く関わっているのです。

その中で比較的早い年齢から気になり始めるのがほうれい線です。小鼻の両脇から唇の端の口角あたりまで八の字にできるしわです。

若いうちは目立ちませんが、加齢とともにでき、老け顔の印象を与えてしまうのです。

笑うとできるしわは若いうちはすぐに消えますが、ほうれい線は年を重ねると真顔でも常に出た状態になります。

主な原因は乾燥や紫外線、ストレス、喫煙、生活習慣の乱れなどです。

また、頬の筋肉の衰えによるたるみも大きな原因の一つです。筋肉や脂肪がたるむことで下に落ち、溝が深く目立ってしまうのです。

ほうれい線は老け顔として見られてしまいます。これはたるみやコラーゲンの減少によってできるものなので、見た目に深く刻まれるためだと思われます。改善としてはマッサージを行うことや、普段使わない顔の筋肉を鍛えること、舌を使って内側からぐるっと回る運動が効果的です。化粧品での保湿もしっかり行うことも重要です。

老け顔を予防するには毎日のケアが大切です。ほうれい線を放置するとどんどん深く刻まれてしまうため、早めに対策を行うことが老け顔と若々しい顔の差を生むのです。

年齢とともにできるほうれい線の主な原因をご紹介します。

ほうれい線ができる主な原因

加齢により頬の筋肉が衰え

頬の筋肉が衰えると筋肉に付着する脂肪がたるみ溝ができます。加齢による法令線のケアは口元の筋肉を動かすことが大切です。

加齢により肌の水分含有量も減少

肌の水分がなくなることで肌そのものにはりがなくなります。肌が乾燥することでしわができやすくなりゴルゴラインができる原因になります。

肌を乾燥させる紫外線

肌の乾燥は法令線だけでなく目の下のしわなどの原因にもなるので日ごろから保湿や紫外線対策をしっかり行いましょう。

その他にも顔の骨格や体型も影響があり、痩せている人の方が太っている人よりもできやすいです。

普段のの習慣でできやすい行動は、パソコン作業の時に猫背になったり、頬杖などがあります。前かがみの姿勢は頬がたるみやくなり、同じ姿勢をすることで肩こりになりその結果、血行が悪くなり顔色が優れなかったり顔がむくんでゴルゴラインができるようになります。肩や首まわりのストレッチで血行を良くすることが大切で、片側だけで食べ物を噛む癖のある人は片側だけ深くなるので注意が必要です。日ごろのストレス、暴飲暴食も原因になるので規則正しい生活予防策となるので日ごろから気を付けましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました